くるこな
おかっぱにゃんこくるりととらねこコナンの師弟生活+田舎暮らしの日々
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今どきの自動車事情って……
くるこなと関係なく、ヒートダウンさせるための記事です。

あのですね・・・・・・。車に関してのことなんですけど、
洗濯かごやドアが傷つかない程度に当たっただけでも、音がすりゃ物損事故なんですか?
もしちょっと傷ついただけでも「ごめんなさい」と謝らなきゃいけない、ディーラーに問い合わせなきゃいけないぐらい神経質なものなんですか、車って。

物損事故って、具体的にボディにはっきりと傷がついた、へこんだ、ってことだと思ってました。
それ以外のことは「ああ、たいしたことないねえ」「傷が少なくてよかったねえ」で済ませられるものだと思ってました。(私自身そういう事例に何度もあってますので)
でも、世の中それですまない人の方が多いのかなあ。
バッグやかごがドアに当たっただけで車中から睨みつける人に何人か会い、「この人なんで怒ってるんだろう」と不思議に思っていたんですが、どうも私の認識が違ってたようです。

小さい頃、学校帰りに傘をこつんと駐車中の車にぶつけてしまい、こっぴどくその車の持ち主に怒られたことがあります。
その時はしっかり謝りましたが、怒られた後その人がなめるように傷を点検してるのを見て、なんだかいや~な気分になりました。「子供より車の方が大事なのか」と。
車を持って今、私は少々の傷やへこみも頓着しないようにしています。
だって車より、運転してる自分や歩行者、相手の車の命の方が大切ですもの。

で、今日こんなことがあったんですよ。
駐車場が混んでまして、私の車の横に大型のバンが斜めに止まってました。
結構風が強かったんで、「相手の車に当たるかなあ」と思いつつ、ドアを手で押さえて開けようとしたら、風にあおられて、相手の車のドアに「コツン」と当たったわけです。

頭を下げたんですが傷などは見当たらなかったので、そのまま行こうとしましたら、相手の車の助手席から女性がすごい剣幕で降りてきまして。
「ぶつかった音がしたでしょう、素直に謝らないなんて頭にくる」とドアにあった傷を指さしながら、何度も謝罪を求めるんですよ。(場合によっちゃ修理代を請求するような勢いで)

言っときますけど、そんなにひどい傷はつけていません。
擦り傷(塗装がついたぐらいの)ぐらいで、こちらの車には塗装もついてませんでしたので、おそらく以前からついていたものではないかと……。
結局私が全面悪い、最初から素直に「ぶつけてすまなかった」と言えば済んだのに、と相手は鬼の首をとったかのようにいい放ち、なかったことにしてくれたんですが……。

私にはあとからすごく納得がいかないことが。
・斜めにとめてあったので、ドアを開けるスペースは少なかった。それに留意してドアを開けた
・ドアには手を添えて、相手の車にぶつけないように注意してドアを開けた。

そういう私の思いやりに関しては、言うことない?

にも関わらず、私が一方的に悪いんでしょうか?

まあ、「相手が小心者だった」と開き直ればいい話なんでしょうがね。
駐車場にはこれに懲りて、車が止まってない場所を選びますかね。

ああ、嫌な話だった。
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。